何故エンデイングノートを作成するのか?

遺言書作成



 遺言を書くことにより家族や大切な人の将来を考

 える!

「遺言」というと、お年寄りが書くものだから。


自分はまだいいや」とか、「財産をたくさん持っ


ている人が書くものだから、自分は関係ない」な


どと思っておられる方が多いでしょう。


 また、遺言を作る必要性は感じていながら、何と


なく縁起が悪いような気がして後回しにしている


、という方もおられるかもしれません。


 


 でも、決してそうではありません。


 


 「遺言」を書くことは、自分の今の状況を見つめ


直し、家族や大切な人の将来を考えることにつなが


ります。


 「遺言」は、死後、家族や大切な人に、遺言者の


考えを伝えてくれるものにほかなりません。


 


 年齢や財産の規模は関係ありません。誰にとって


も必要なものです。


 


 「遺言」がなかったために、遺された家族が、遺


産をめぐって争うようになってしまうこともありま


す。


 「遺言」がなかったために、「この人に遺した


い」と思っていた財産が、その人の手に渡らないこ


ともあります。


 「遺言」がなかったために、死後、残されたご遺


族が、財産や負債の内容すら全く把握できず、何を


どうしてよいか分からなくて途方に暮れることもあ


ります。特に、働き盛りの方が不幸にも突然亡くな


られたような場合は、ご遺族は、大変な精神的


ショックに加えて、現実的にさまざまな「事後処


理」を迫られることになります。「遺言」があれ


ば、そのようなご遺族の負担を少しでも軽くしてあ


げることができるでしょう。


 


 「遺言」それは、親愛なる人々への贈り物です。


 


 このエンディングノートは、遺言を作成する手助けとなるとともに、遺言には書ききれないあなたの想いを遺すためのノートです。


 ぜひ、このエンディングノートを活用して、大切な方々へ、あなたの真心を残してあげてください。