介護支援取組助成金「働き方改革」

仕事と介護の両立

介護支援取組助成金で重要な「働き方改革」について

「働き方を考えよう」


介護に直面した従業員が職場の仲間に迷惑をかけない働き

方を考える。




経営者はその従業員の立場に立った働き方を考える。


そんな取り組みが必要です。



従業員がもしもの時のために共有しなければならない業務


や、又は共有できない業務を振り分けうことから始まります。




従業員各自は一人で抱え込まないでいつでも仲間に分担でい


るような仕事の分担や役割を決めましょう。



経営者の方の考え方はいつまでも特定の人にその人しかでき


ない業務として分担させない事です。




大事な人材が突然な介護に直面することにより離職をするこ


とを防止するためにも今から準備をしましょう。



このような先の見えない事柄はどうしても先延ばしになりがち


です。



しかし、「介護」の問題は避けて通れません。




ご自身の事も考えればわかっているはずですが・・・。



そのような機会を与えてくれたのが、「助成金」だと思います。



”介護離職”0”を目指して”




人材の確保が大変なこの時代に、さらに一番働き盛りの従業


員が介護のために退職をしないためにも、是非取り組みましょ


う。