介護事業における安定した資金繰りの方法とは?

介護事業

介護事業の資金繰りは大丈夫!


介護報酬は介護保険料から賄ってもらえるので安心、なんて思っていると、お金が実際に入金されるのは約2か月かかります。


その間のお金を準備しないと、経営はできません。

必ず入ってくるものとわかっていても、その前に出ていくものがあれば、経営は苦しくなるのも当然です。

その間の資金調達はどうしてますか?

開業するときに余裕資金のある方は心配ありませんが、この期間さえ乗り切れば、あとは毎月回っていくものです。


銀行ローンを利用するのも準備が必要です。

そこで「売掛債権の譲渡取引」(ファクタリング)が簡単に資金調達できる手段として人気があります。


国保連に請求する介護報酬の債権を、買い取ってもらい、早期に現金化する仕組みです。


通常より約1.5か月早く売上金を回収することができます。


資金調達の方法として銀行融資より簡単かもしれません。