介護業界は競争が激化!

介護経営

介護業界は競争が激化!



超高齢化社会の波を受けて、「介護業界」自体は順調(?)に


拡大しております。



これからも、この波は続きます。




市場の成長性を素早く察知するのは、「大企業」です、そして


異業種の大企業が積極的にM&Aで勢力を一気に拡大する


動きが活発化しております。

中小企業者の出番はないのでしょうか?

介護ビジネスの収入源は、介護保険制度で決められた介護報酬が主なものであります。


介護報酬だけに頼ってしまうと、3年に一度の介護報酬改定や国の施策に変更等があれば企業経営を大きく左右されます。


そのためには、事業モデルや経営戦略の柔軟な対応が、より一層求められています。



介護報酬の規定内のサービスだけでは、報酬の範囲内でのサービスしかできないし、


収入も決まってしまうので、給料も低く抑えられてしまう、結果として人材が集まらない。



こんな悪循環を断ち切るためにはどうしたらよいのでしょう。


考えられるのは、高齢者の生活を支援するサービスを考えてはいかがでしょうか?


付加価値をつけ、中小企業だからこそできるサービスを提供するようにしましょう。