介護支援取組助成金「社内研修」について

imasia_668062_XL

介護支援取組助成金の申請をするのに一番重要なものが


社内研修」です。

社内研修とはどんな内容でいつ開催したらいいのかを確認してください。


社内研修とは、従業員が介護に直面した時にどうするかの事

前準備(心の準備)をしておくためと、実際に休業制度をどう利

用できるかを周知するためのものです。



次の「研修のポイント」でもう一度確認してください。



1.企業単位で実施


 複数社の合同研修やWEBでの配信研修は該当しません。



2.指定の資料を使用する事


 国が準備した指定の資料です。



3.人事労務担当者が等が説明する。


 労務の知識のある、又は一定の資格がある者



4.1時間以上の研修が義務付けられています。


 あまり短くては研修として認めてもらえません。



5.質疑応答の時間を設ける。


 従業員からの不安や質問の時間を設け、より正しく理解して


もらえるように時間を割いてください。



6.雇用保険被保険者の8割以上が受講することが義務付けら


れています。


 できるだけ全社員に研修を受けてもらうのが望ましいです。


 少人数の場合は場所の設定も楽ですが従業員が多いと時


間と場所を確保するのが大変かもしれません。




7.自社の介護休業関係制度について説明をします。



 事前に介護休業制度の見直しや作成の必要がある場合もあります。


事前のセミナーを開催しております。

お気軽に問い合わせください。