日商簿記3級40日で合格!(費用、未経過勘定)

事業活動を行う上で重要な項目としての費用(経費)についてです。

何が費用にに含まれるかは事業経営にとって大きな関心事です。

 費用となる税金について

 固定資産税

 自動車税

 収入印紙等

 (ここで注意すべきは、あくまでも事業用の費用で、個人の住宅にかかる固定資産税や私用の自動車税は含まれません。)

 

 収益、費用の見越し・繰り延べについて

 

 簿記の学習において最も重要な項目となります。

 基本的な考え方は、当期における適正な期間損益を算出することにあります。

 決算日を基準にして、当期に計上すべき収益と当期にかかる費用を適正に解散するための作業となります。

 

 実務においても最重要項目となります。

 

収益の見越し (未収収益)

収益の繰延べ (前受収益)

費用の見越し (未払費用)

費用の繰延べ (前払費用)

これらの手続きにより未収収益・前受収益・未払費用・前払費用に属する項目が生じますが、これらを総称して、未経過勘定項目といいます。