数値化して、見える経営を目指しましょう!

資金繰りにお悩みの方!


なぜお金がないか原因がわからない?


いつ資金がショートするか心配だ?




そんな起業家の方はたくさんいらっしゃいます。



原因を探り、改善し経営を少しでも楽にしたい方は



数値化して「見える経営」をすることにより、安心した経営がで


きます。




経営者の方は、「損益計算書」により利益を把握することはも


ちろん大切ですが、現在お金(現金、普通預金)がどのくらい


手元にあるのか、そしてそのうちどの位を次の仕入れに使え


るのか、つまり資金繰りが一番大切です。




しかし、重要だと思っていても、今までの勘や実績を頭の中だ


けで理解していると思わぬ出費や大事な売上機会を逃してし


まう事もあります。




そのために必要なものは、「資金繰り表」や「経営計画書」があ


れば、客観的な判断が瞬時にできると思いませんか?




現在の中小企業者の経営者様の多くは、資金に困ったときに


すぐにお金を借りれないかとかほんとに切羽埋まってからでな


いと行動しない場合が多いです。




本当の経営者を目指すなら、「計画」「実行」「検証」を頭の中


だけで行うのではなく、数値化する方がより実態の把握には


役立ちます。



そして、何よりも早めの対策が必要です。



せめて売り上げ目標を立ててみませんか?


認定支援機関として「早期経営改善計画書」の作成を支援し


ております。(平成29年5月29日受付開始)