育児・介護休業法が改正されます。第2回

254426

平成29年1月1日より改正の「育児・介護休業法」です。


改正のポイントその2


介護休暇の取得単位が変わります。



取得単位が半日(所定労働時間の2分の1)単位での取得が


可能となります。




現行は、1日単位での取得しか認めれれていませんでしたが、


改正後は半日での取得も可能となりました。




これからの、介護の事を考えると準備期間を如何に有効に使


うかによって、従業員が離職をしないで済むかが大きな問題と


なります。 




改正後の休暇の取り方に様々な取得の方法をを可能にするこ


とにより、会社に合った休暇の取り方や働き方に柔軟性が生


れることでしょう。




働きやすい環境づくりは、これから益々経営者様には求めら


れてきます。




介護両立支援の取り組みをした事業主様には「助成金」が国


から準備されております。




この機会に、是非助成金をうまく活用しながら、働きやすい環


境を作りませんか?