育児・介護休業法が改正されます。第3回

仕事と介護の両立

育児・介護休業法が平成29年1月1日より改正・施行されま



介護休業法の改正のポイントその3




介護のための所定労働時間が短縮されます。



現行においては、法律での規制はありませんでした、しかし改


正後は、介護対象の家族の介護終了まで、従業員の申し出に


より所定時間外労働は免除されます。




この改正は従業員にとっては非常に介護のためにはありがた


い改正だと思います。



反対に経営者や同僚にとっては、少ししわ寄せが来るかもし


れません。




しかし、介護の問題は、必ず誰にでもやってくることを考える


と、準備をしておかなければなりません。




介護の問題は先が読めません。




そのことを考えると改正を機会に、今働き方の改革として、仕


事の配置や仕事の中身、そして休養すべきことを再構築して


おく時かもしれません。




この機会に「介護両立の取り組み」をして、国からの助成金を


受給しましょう。



申請のための、相談は随時受付中です。