一人経営者の社長が亡くなった場合の借入金の返済はどうする?

実務簿記_日本橋_会計事務所

夫である社長がひとりで経営していた場合の会社の借入金

の返済はどうするのか?


奥様には全く会社を引き継ぐ気持ちもありませんとの事でし

た。


ただ、会社が借入金があるので返済だけはしなければと必死

でした。


そして、奥様個人の資金ができたので、返済しようと銀行に

行ったら、・・・・・「その会社のどなたですか?」


会社の役員でもないし、社員でもありません。


社長の奥様であるだけで、会社としての取引はできないので

す。



「遺産分割協議書」はありますか?


「謄本」はありますか?


何のために必要で、何をいつまでに準備していいのかさっぱり

わかりません、との事でした。


簡単に言えば、会社の代表者(代表取締役)の地位を確保し

ないといけませんね。


一般的には、

「遺産分割協議」により、株式を取得し、株主総会を開催して

代表取締役に就任する。

当然、登記も必要となります。



さあ、問題は「遺産分割協議」であります。


文字通り「被相続人」の財産がどこにいくらあるか?反対に債

務(借金)がどこにいくらあるかを調べなければなりません。


生命保険金も財産です。(非課税枠あり)

先ず、財産、債務を洗い出してからが「遺産分割」の協議とな

ります。

相続相談サロンのご案内

  1. (必須項目)
  2. (必須項目)
  3. (Email確認必須)