そんな「会社」いりません!

そんな「会社」いりません!

同族会社の一人オーナー会社の場合には必ず通る道です。

 

「相続人」が思わぬところで「争い」が生じてしまいす。

「会社」を継ぐ人が決まっていない場合では特に注意が必要です。

 

被相続人が一人株主だった場合、その株式を誰が相続するか

話し合いで、ある相続人が発した言葉です。

 

株価を算出するために、会社の資産、債務の確認をしました。

その負債の中に「銀行借入金」のほかに「役員借入金」が

あり、債務超過状態の説明をした時に、そんな借金だらけの会社はいらない。とおっしゃってました。

 

これは、簡単に理解してもらえないだろうと感じました。

「役員借入金」は「被相続人から見たら「貸付金」ですから

被相続人の財産となります。

 

相続人からすれば、そのお金何処にあるのか??

相続が発生してからでは、間に合いません。

 

被相続人の相続税の計算上、遺産となっても、何処にも

お金はありませんから、

 

「そんな会社いりません!」と言うことでしょうが、

 

「財産放棄」の手もありますが・・・・。

 

見えない財産に要注意ですね。

 

事前対策をしておけば、こんなことにはなりませんが。

 

相続が何時発生するか、どなたにもわかりませんから

ついつい後回しになってしまいますね。