「相続税」の計算方法として

相続支援_相続税の計算方法

「相続税」の計算方法として

1.基礎控除額を超えると課税(税金がかかる)されます。


2.基礎控除額とは、3千万円+600万円×法定相続人の数

ここで、法定相続人の数が出てきました。(法定相続人に不安がある方は再度確認してください)


何の金額が基礎控除額を超えたら課税されるのでしょうか?

法律用語では「正味の遺産額」です。


正味の遺産額とは

「遺産総額」-「債務・葬式費用、非課税財産」の計算式から算出された金額です。


具体的に、遺産総額は次の合計です。

現金、預金

株式、公社債

土地

建物

事業用財産

家庭用財産

ゴルフ会員権等一切の財産

債務・葬式費用は

借入金

未払の税金

生前の入院費用などの未払金

通夜、葬式にかかった費用

非課税財産

お墓・仏壇・祭具等

生命保険金や退職金のうち、法定相続人一人につき500万円を乗じた額

1.まず最初に税金を算出します。


2.各相続人が取得した財産の割合により、各人の相続税額を割り振る方法となっております。


そして、不平等とならないような措置も取られております。