なかなか聞けないこと「遺言書には何を書けばいいのか」

遺言ですから、自由に色々なことを書くことができます。

但し、どうしても先に来るのは財産を誰に相続させたいか、が遺言書の第一目的になっているようです。


ご自分の財産を自分の意思で相続させたい人にあげられるのも「遺言」の

特徴でもあります。


さて、何を誰に相続させると言いたいけれど、ご自分の相続できる財産を把握するところから

整理する必要があるかもしれません。


ご自分の財産を見直すことは別の項として、本日は「遺言書」にどのように書けばいいのかを

整理したいと思います。


1.自分の財産のうち、どれを誰に相続させたいか。

2.自分の財産をどのような割合で相続させたいか。

3.相続権のない人に財産をあげたい場合。

4.死後の遺言の執行者を任せたい人を指定する。

そして、一番重要なことは、

5.何故このような遺言をしたのかの理由や葬儀に関する希望、家族に伝えたい自分の気持ちを織り込むこと。

 

最終的には、残された家族が争いもなく、平和に暮らすことを願って書くことが

一番重要なことだと思います。